半導体レーザ

ホーム 半導体レーザ

ダイレクト ダイオード レーザ 「近赤外」


「ダイレクトダイオードレーザ」ME-DDLシリーズはレーザダイオードを光源とし、光ファイバー伝送により装置組込みに適した小型・軽量なスポットレーザ光源のターンキーレーザシステムです。

独自設計による徹底的な低コスト設計で安価での提供が可能です。

 

≪特 徴≫
①オートパワーコントロール制御(APC)の採用により、ダイオードの出力をモニター補正 により出力の安定性を向上、環境の温度変化補正やLDの劣化補正が可能です。

②消費電力を抑えた設計により低消費電力化を実現、ランニングコストが優位です。
③伝送ファイバーのコア径φ100μmを標準化により、微細なビーム形状、長焦点距離の設計が容易になります。 
④アナログ信号による光制御、出力プロファイル
⑤低価格
⑥用途に合わせたビーム径、焦点距離等の光学系(オプション)
⑦出力30W 50W 80Wを標準ラインナップ、中心波長950~980nm 


≪アプリケーション≫
*レーザ半田付け加工
*基板ピンに対するレーザ微細融着加工
*その他微細加工



≪標 準 仕 様≫
*用途に応じたオプション設定、仕様の変更も可能なのでご相談ください。

項     目 内   容
型     式 ME-DDL
種     類 半 導 体 レ ー ザ
発 振 モード CW(連続発振)
定 格 出 力 30W   50W   80W
中 心 波 長  950nm-980nm
出 力 制 御  APC制御(オートパワーコントロール)
冷 却 方 式  空  冷
ファイバーコア径 φ200μm         *φ105μm(option)
ファイバー長  3M
インターフェース  非常停止 外部制御I/O シリアル通信USB
形     状  250*300*250 *概略形状


















Pagetop